後楽の公孫樹に託す四つの心( 求める心  美しい心  強い心  感謝の心
   利府町立利府第三小学校
 TEL.022-356-5530

   住所:〒981−0103
宮城県宮城郡利府町森郷字後楽東1番地5
 Rifudaisan Elementary School
       
  大玉おくり 表現運動 「三小山脈」 三小すずめおどり  
         
  トップページ   学校情報  学校経営方針    29年度行事予定   学校だより   学校いじめ防止基本方針 三小スタンダード
宮城県宮城郡利府町立利府第三小学校 
校長   森合 秀幸 
宮城県宮城郡利府町森郷字後楽東1番地5 
児童数: 396名 
e−mail:rifudaisan-e@rifu.ed.jp 
電話 : 022-356-5530 
FAX : 022-356-9964
 news
 ○平成29年5月24日 運動会が無事に終了しました。ご声援、ありがとうございました。
             


ちょこっとトピック

2017年5月24日(水)
訃報
  第十二代本校校長の伊藤正則様が5月21日に急逝しました。伊藤校長先生は,本校ご退職に利府町教育委員会の相談員や利府おおぞら幼稚園の園長先生も務められました。
 今年の3月に利府おおぞら幼稚園をご勇退されましたが,つい先日までお元気な姿で言葉を交わさせていただいたので,あまりに突然のことで言葉もありません。
 伊藤校長先生は平成20年4月1日から平成22年3月31日までの2年間本校の校長先生としてご活躍されました。その間,文部科学省指定の外国語活動公開研究会を開催し,『英語の利府三小』として校名を全国に広めました。また地域連携の礎をつくられた校長先生ともお聞きしております。
 いつも穏やかな笑顔で職員に接してくれた伊藤校長先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。(森合)
2017年5月20日(土)
第36回 運動会
  晴天のもと,全校の児童が集い,運動会を実施しました。どの学年の子どもたちも懸命に競技に参加し,やり遂げた満足感溢れる笑顔が印象的でした。特に感心したのは最高学年としての6年生の働きでした。競技・応援・係にと大活躍し自信を深めたことが一番の収穫でした。プロのカメラマン撮影した写真の販売は準備中ですのであと一週間ほどお待ちください。お子さんの姿が見つけやすいよう学年別フォルダ毎にまとめる予定だそうです。(校長)
2017年5月23日(火)
5年生いちょうタイム「米を育てよう」
  運動会の振休明けの5月23日,学習ボランティアの鈴木正志様にご協力をいただき,5年生のいちょうタイム(総合的な学習の時間)「米を育てよう」の活動で田植えに取り組みました。 ほとんどが田植え初体験の子どもたちでしたが,裸足で水田に入り,慣れない手つきながら熱心に活動に取り組みました。これから10月まで,鈴木様ご夫妻のご指導をいただきながら観察やお世話の活動に取り組みます。(橋裕・大宮司)
2017年5月15日(月)
頑張ったあいさつ運動

本日,今年度3回目のあいさつ運動が行われました。佐藤教育次長様をはじめ教育委員会の皆様とPTAの本部の皆様,本校教職員が一緒になり,7:30〜8:00までの30分間,あいさつ運動をいたしました。子どもたちの元気でさわやかなあいさつが飛び交い,雨の中の活動でしたが,参加した全員がすがすがしい気持ちになりました。1回目よりも,子どもたちのあいさつは,とても良くなってきています。これからもあいさつの花を咲かせるために指導します。(教頭)

2017年5月12日(金)
十符っ子ブラザーシップ利府高校生徒総会訪問会
    5月12日に利府高校の生徒総会が行われ,利府町内の小中学校の代表が参加しました。本校からは,担当のゆうこ先生と,計画委員長のゆうさんの『Wゆうコンビ』での参加となりました。800人の高校生の前で緊張したゆうさんでしたが立派に役割を果たしました。驚いたとこがひとつ・・・利府高校には生徒総会での要望に応える形で【校内にコンビニ】がつくられたそうです。時代は変わった!(校長)
2017年5月11日(木)
珍しいもの発見
  第1学期始業式では,『自分から進んで』・『学級・学校が良くなるように』そして『楽しく学校に通い続ける』の3つを子どもたちにお話ししました。そんな中,4月が終わり各学級の出席簿がまとまりました。出席簿とは毎日の出欠や欠席理由,遅刻や早退などを記入するものです。さて4月は15日間学校に来る日がありましたが,5年1組は1か月間,全員が無遅刻・無早退・無欠席の【キレイな出席簿】でした。これは,授業日数が少ない8月以外では滅多に見ないことです。ましてや全校児童無欠席の日はここ20年ほど記憶にありません。5年1組の記録は5月に入ってもまだ続いているようです。ぜひ誉めなければと思います。(校長)
2017年5月1日(月)
広報りふ5月号表紙
  今年度の入学式はうれしいことがふたつありました。一つは鈴木町長さんが出席する6年に一度の入学式。そしてふたつめは広報りふの表紙に本校の入学式の様子が掲載されたこと。昨年度は入学式の様子が議会便りの表紙を飾り,また広報りふ8月号には東北楽天ゴールデンイーグルスの学校訪問の様子が表紙をとなりました。こういうことも学校公開のよい機会ととらえています。(校長)
2017年4月27日(木)
1年生を迎える会
  児童会行事の1年生を迎える会がありました。この日のために,計画委員会を中心に2年生から6年生が会場の飾りや招待状,プレゼントを作ったり,学校紹介の劇を考えたりと,1年生に学校の楽しさを伝えるために準備してきました。劇やゲームをしてとても楽しく過ごすことができました。1年生は,お礼の言葉と歌「さんぽ」を元気に披露しました。教室に戻った1年生に感想を聞いてみると,「学校紹介やクイズが楽しかった。」「飾り付けがきれいだった。」と,子どもたちの心に残る会になりました。(佐々木)
2017年4月25日(火)
利府町BS全体会
 利府町で【BS】とはブラザーシップの略。小学校6校・中学校3校に加え支援学校と高等学校の11校をひとつの船にみたて,町全体で様々な取り組みをしていこうという考えです。25日は各校の代表が集い,利府高等学校生徒会執行部のリードのもとおもに『いじめ防止の取り組み』についての話し合いが行われました。本校代表のかいる君・かれん君も緊張しながらもしっかり自分の考えを発表していました。二人には5月2日の朝会で利府三小の児童全員に決まったことを発表してもらいます。(校長)
2017年4月22日(土)
キーワードは「3」
    学習参観には,たくさんの保護者の方々にお越しいただきありがとうございました。ちょっと緊張した中にも,真剣に授業へ向かう子どもたちの姿をご覧いただけたことと思います。また,総会や学年懇談会への出席もありがとうございました。三部構成の忙しい日程でしたが,参加していただき有り難かったです。これからも,どうぞよろしくお願いします。
 夜は,PTA主宰の歓送迎会が開かれました。恒例の大抽選会で,私はなんと「ウクレレ」が当たりました。旧役員さん,今まで本当にお世話になりました。新しい阿部会長の下,PTA活動も盛り上げていきたいです。(野)
2017年4月20日(木)
初めての外国語活動(5年生)
 高学年になり,年間35時間の外国語活動が始まります。
 4月20日に第1回目の授業が行われました。ALTのマシュー先生の明るく楽しい授業の進め方に,子どもたちはすぐに引き込まれていきました。
 まだ簡単なあいさつ程度の内容ですが,ネイティブな英語に触れ,表現やコミュニケーションの能力を高めていくことが期待されます。(大宮司)
2017年4月18日(火)
5.20運動会に向けて
 17日の放課後に行われた代表委員会では早くも今年度の運動会のスローガンが学級代表の子どもたちの話し合いで決まりました。
     【全力で最後まで競い合え!】

 そして子どもたちが帰った後は職員の《雀踊り研修会》です。子どもたちにかっこよく踊ってもらうためにはまず職員が上手に踊れること!運動会の私のスローガンは【青空の下の運動会】。これはスローガンでは無く願いですかね。昨年度のリベンジを文字通り《晴らしたい》と思います。(校長)
2017年4月15日(土)
藤田夫婦ざくらライトアップ
 利府街道まつりで絵灯籠を観賞した後,昨年に引き続き学区内の藤田地区に出向き,ライトアップされた夫婦桜の夜桜見物をしてきました。今年は地区の人から【絶景スポット】を紹介されました。案内されるまま桜の木から少し下った池にでるとそこにはライトアップされた桜が池の水面に映る幻想的な景色が広がっていました。スマホで撮影したため感動したほどの写真ではありませんが雰囲気はこんな感じです。また定例の小さな音楽会ではシンガーソングライター平塚ひろみさんのオリジナルソング♪藤田夫婦ざくらに聴き入りました。学区の地域の皆さんが元気なのは何よりうれしいことです(校長)
2017年4月15日(土)
利府街道まつり

 利府町の町制50周年を記念して催されたお祭りに行ってきました。企画やスタッフとしてかかわった多くの町民の方はなじみの方が多く《利府町民の底力》を感じた1日でした。そして私の【おめあて】は,絵灯籠。昨年度の2月に作成依頼を受け,本校の子どもたち全員に【利府にちなんだ絵】をかいてもらいました。その作品が灯篭に貼られ灯りに照らされどんなふうに見えるのか…。それはそれは幻想的で素敵なものでした。自分の作品を探して親子で歩いている本校の子どもたちにもたくさん出会いました。歩行者天国となった旧利府街道や八幡神社・長龍寺などを絵灯籠に導かれて歩き,《利府の良さ再発見》となりました。なおこの絵灯籠は、提出前にスキャナに取り込んでいます。学習発表会あたりにでもスライドで子どもたちや保護者の皆様にお見せしたいと考えています。(校長)

2017年4月12日(水)
漢字検定・特別賞
 日本漢字能力検定協会様から本校が特別賞として表彰されました。漢字検定は有料とはなってしまいますが,ご家庭からの開催希望が多く,昨年度実施したところ80名を超す受検者がありました。校長の趣味?でやっているようなところがあり,今年も10月15日(日)に実施したいと考えています。昨年度合格した子はその上の級を目指すというめあてがあるようです。また今年は志の高いおうちの人のご要望に応え,準2級・2級の受検も準備したいと思います。親子で勉強できたら素敵ですね。できるだけ早い時期に受検の詳細をお知らせしいたします。
【漢検という目標に向かって準備をすること】
が学習の意欲づけにつながると考えています。(校長)
2017年4月12日(水)
入学式
   4月11日(火)は利府町内一斉の小学校の入学式。今年は68名の新入生を迎えました。幼稚園や保育園でしっかり話の聞き方がしつけられており立派な1年生でした。と言いますか,あまり立派でない方がいいかなと。経験上,まだ緊張が勝っているから立派に見えるので,実は本来の自分では無かったりする訳で・・・・・そういうのは疲れて長続きしません。これから自分らしさが少しずつ出てきて,賑やかなくらいが安心します。
  さて学校行事写真のインターネット販売の話をしておきます。3月の卒業式から始め,私も試しに買ってみたのですが,便利なものですね。入学・卒業・花山野外活動・修学旅行は該当学年にのみパスワードをお知らせしており利用できるようにしています。運動会と学習発表会は全学年対象となります。ただしあくまで希望購入です。(校長)
2017年4月10日(月)
利府中学校入学式
    4月10日(月)の午後に利府中学校の入学式があり,昨年度の6年担任の嶋先生・裕子先生と晴れの席に出させていただきました。卒業から一ヶ月も経ってはいないのですが中学校の制服を着ると《それっぽく》見えてくるから不思議です。立派な新入生を見ていると,なんだか遠くに行ってしまう不思議な感覚に・・・。
 さて私は平成27年度は利府小に勤務していました。その時の利府小の5年生とは花山野外活動を一緒に行った間柄。そして昨年度の利府三小の6年生は修学旅行に行き卒業証書を手渡した間柄。つまり今年度の利府中学校の新入生は【全員知っている】ということになるのです。ですから入学の嬉しさも2倍の得がたい経験をさせてもらいました。(校長)
2017年4月10日(月)
4月は出会いの季節
   4月10日(月)は,一年間のスタートの日。この春の異動で10名の転入職員を迎え,利府三小スタッフ30名で子どもたちの指導にあたります。ご家庭・地域の皆様など多くの支えがあっての利府三小です。よろしくお願い申し上げます。さて今年度の児童数は,開校以来最多となる396名となりました。いつの間にか利府町内では利府小に続き二番目に大きな学校となりました。今日の子どもたちは,昇降口でクラス名簿を見て新しい教室へ・・・その後,体育館での着任式で新しい先生方の紹介があり,さらに始業式,そして子どもたちにとってもっとも関心の高い【担任発表】となかなか濃い1日でした。なお上の《学校だより》コーナーから第1号をご覧いただくと全ての担任等が分かります。今年度は【子どもたちが毎日通いたくなる学校・学級づくり】を目標に掲げ学校運営にあたります。今までと同様,皆様のご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。(校長)
2017年3月29日(水)
3月は別れの季節

 3月29日(水)は,離任式。この春の異動では,庄子教頭先生をはじめ9名の先生方が利府三小をお別れすることになりました。異動は我々教員について回ることとは言え,転退職される先生方と子どもたちの寂しそうな表情をみるにつけ悲しい気持ちが湧いてきます。今日は春休み中にもかかわらず多くの子どもたちが登校し,また保護者の皆様にもご来校いただきましてありがとうごさいました。
 離任対象の先生方にはこれまで利府三小で培った力を新天地で発揮され,今後ご活躍いただくことを祈念しています。
 なお,本校の異動の詳細につきましては,このHPのトップ画面から《学校だより》をクリックすると【異動のお知らせ文書】がご覧になれます。(校長)

2017年3月24日(金)
修了式
  式では、校長先生から子どもたちの成長をたくさん褒めていただきました。自分から進んで人のためになることをした人や進んであいさつできる人たちが増えたこと、お話を聞く態度がよくなったことなどです。そして、勉強や生活がきちんとできた証である修了証書の重みを感じてほしいとお話がありました。そのあと生徒指導担当の先生方から春休みの安全なくらし方や自転車の乗り方についてご指導していただきました。4月の始業式にはみんな元気に登校してくるのを待っています。楽しい春休みを過ごしてきてください。(野)
2017年3月18日(土)
3月は巣立ちの季節

 3月18日(土),なしの美保育園の卒園式に出席してきました。3月は1日の利府高校卒業式を皮切りに,利府中学校・利府支援学校・利府聖光幼稚園と今回のなしの美保育園まで,5つの卒業・卒園に立ち会う機会に恵まれました。どの卒業・卒園も子どもたちの思いに満ちあふれたすばらしいものでした。またスクールシップでの小中連携で,利府中の宮野君が本校の卒業式で『励ましの言葉』を述べたり,本校4年のそら君やあいりさんが,幼保の卒園式で立派な発表をしたりと【利府町らしい】取り組みが見られました。もう3月下旬・・・・・・別れに続き,出会いの間もなく季節です。(校長)

2017年3月17日(金)
第35回卒業式

 3月17日(金),本校の第35回目の卒業式が行われました。緊張の面持ちの子どもたち55名に一1人ずつ卒業証書を手渡し,ご来賓・保護者・職員,そして在校生代表の5年生に見送られ,無事に学舎を巣立ちました。式中はあまり涙が見られない子どもたちだったので,『意外にあっさりしているな』と思っているのですが,式後に音楽室での卒業生が自ら企画したサプライズでは号泣する子が続出。式中は緊張のあまり涙も流せなかったことが後から判明しました。正直,子どもたちの涙を見て安心,やはり思い出の多い6年間だったのだと感じました。なお今回で本校の卒業生は1822名となりました.。(校長)

2017年3月2日(木)
6年生を送る会
   6年生は、1年生と手を繋ぎ、2・3年生が作った花のアーチをくぐって入場です。どの子も少し照れくさそうです。三小恒例の出し物は、1年生と5年生から。1年生の「空前絶後の、超絶怒濤の、利府三小を愛し、利府三小に愛された6年生…」に会場は盛り上がり、続く5年生からのPPAPダンスにみんなが満面の笑みを浮かべました。その後、〇×クイズをしたり、4年生からペン立てのプレゼントを渡したりしました。6年生は卒業式で歌う「ふるさと」の合唱を聞かせてくれました。会場は“シーン”となって、みんな歌に聞き入りました。きっと6年生との思い出を振り返っていたのでしょう。全員で作り上げた送る会は大成功でした。5年生のみなさん、来年はあなたたちがあのアーチをくぐるのですよ。これからもがんばろうね。(高野)
 
2017年3月1日(水)
6年 携帯教室

1日(水)に,「携帯教室」がありました。中学校入学を控え,携帯電話に触れる機会も多くなるかもしれないということで,今回6年生で実施しました。
 大きく3つのことについてお話をいただきました。それぞれ,「言葉遣い」「課金」「なりすまし」についてでした。どれも,注意して使っていかなければ,巻き込まれてしまうようなことばかりでした。子ども達も,「そんなことがあるの?」と,ややびっくりしたような表情をしていました。
 現在の日本では,一人一台携帯電話を持っているといっても過言ではありません。とても便利な道具であることは間違いありません。ただ,使い方を間違えてしまうと,本当に大変な事態に巻き込まれてしまいます。中学校入学を前に,携帯電話について考えることができたのは,大変よい機会だったと思います。(遠藤)

2017年2月27日(月)
HPアクセス数・5000超え

 昨年の5月に本校のHPにカウンターを設置して以来,その数を見るのが校長の密かな?楽しみになっていました。トピックスの記事も100を超した2月27日,ついにカウンターの数字が5000を超えました。保護者の方だけでなく,地域の皆様や学校にかかわった方々などがアクセスし本校の取り組みをご覧になっていると思うと職員の励みになります。今後とも,さらに内容の充実を図りたいと考えています。この記事をご覧になった方はぜひお友だちやお知り合いの方に宣伝していただければと思います。次は,目標10000アクセス!!(校長)

2017年2月24日(金)
校長先生特別授業(6年生)

24日()に,「校長先生特別授業」が6年1組,2組でありました。道徳の「○○な少年」という,山田洋二監督の少年時代の思い出のお話でした。最初はやや緊張していた子ども達でしたが,徐々に校長先生のペースに引き込まれ,楽しく授業を受けることができたようです。最後に「○○な少年」の「○○」に入る言葉を考えました。卒業を間近に控え,また一つ小学校でのよい思い出が増えました。校長先生,ありがとうございました。(遠藤)

2017年2月23日(木)
SS(スクールシップ)図工授業

 先週,利府中学校の吉田裕子先生が図工の授業をしてくださいました。スクールシップの一環で4−1・4−2とも2日間にわたって,ピーマンを使い上手に絵を描く方法を教えていただきました。
始めは,「目で見て観察する」というめあてをもって取り組みました。ピーマンを動かさずによく見て描きます。鉛筆を使ったのですが,上手に描くためのいろいろなポイントを教えてもらいました。鉛筆の濃淡を利用し,上手に影を付けたり,指でぼかして柔らかな影を描いたりしてピーマンを上手に表現しました。
 次は,「心で見て感じる」というめあてでした。自分の心で見て自由にピーマンを表現しました。緑色だけで表現するのではなく,いろいろな色で描き,影にも色を付けて表現しました。子どもたちは夢中になって取り組み,2枚以上描く子もいました。
 吉田先生は,それだけではなく,中学校ではどんな授業をするのかを教えてくださったり,先生が作っている作品などを子どもたちに見せてくださったりしました。今回の授業で美術や図工に興味がわいたという子どもがいました。子どもたちにとってとても刺激的な3時間となりました。(佐藤)

2017年2月21日(火)
先輩の話を聞く会

 21日(火)に,「SS先輩の話しを聞く会」がありました。中学校の先輩が6年生に,「勉強について」「部活動について」「生活や行事について」を詳しく話してくれました。6年生も,4月から始まる中学校生活のことですので,一生懸命聞いていました。先輩からは「小学校の勉強は完璧にしてから中学校へ」「早寝早起きをしましょう」という素晴らしいアドバイスをいただきました。6年生からも,勉強や部活に関しての質問がたくさん出てきました。今回の話しを聞き,安心して中学校へ入学できそうです。先輩方ありがとうございました。(遠藤)

2017年2月20日(月)
放課後子ども教室閉所式

 11月14日(月)に開所した『放課後子ども教室』も本日が最終日となりました。参加希望の19名の子どもたちは,毎週この時間が来るのを楽しみにしていて,ギターやオカリナの生演奏に聴き入ったりものづくりを楽しんだり充実した11回の活動を楽しみました。今日はご来賓の行政区長様や民生委員児童員の皆様に見守られながら,利府町教育委員会の松尾骼。教育次長様より,子どもたち一人一人に修了証を手渡していただきました。スタッフの大場さん・勝又さん・和子先生・菊先生・生涯学習課の皆様ありがとうごさいました。来年度もこの事業は継続され,年間26回開催と拡大される予定です。ぜひ多くの子に参加してほしい事業です。(校長)

2017年2月18日(土)
学校ボランティア交流会

 18日(土)に,野中一部公民館をお借りして標記の会を開催しました。利府三小は伝統的に地域連携が充実していることが大きな特色のひとつにあげられます。子どもたちが心豊かな体験活動や人とのふれあいができるのもこの日にお集まりいただいた皆様を始め多くの支援があってこそです。【子どもは地域の宝】であると同時に【地域の皆様は学校の宝】だと思います。今日は,学区内4地区の区長様・役員,老壮会・けやき会の皆様,環境整備・国際理解・読み聞かせ・交通安全等のボランティアの皆様,学校評議員の皆様,町の生涯学習課や放課後子ども教室のスタッフの皆様,そしてPTA役員の皆様と50名ほどの皆様と交流を深めることができました。今後ともよろしくお願いいたします。(校長)

2017年2月17日(金)
1年 笑顔バス・クラウンパフォーマー訪問

 学習参観日の午前中,学校に『ピエロのじんごろうさん』が訪ねてきてくれました。じんごろうさんは,日本全国の小学校や幼稚園などを回り,子どもたちに夢と笑顔を与えてくれるクラウンパフォーマーです。 じんごろうさんの,人なつっこい風貌と話芸,そして高度なジャグラーとしての技術で観客の1年生は楽しいドキドキの時間を過ごすことができました。
 今回の企画は利府町の児童クラブを運営する団体の『もっちゃん』が,私に「どうですか?」と声をかけてくれて実現したもの。ちなみにもっちゃんはどこの小学校に行っても半分近くの子が声をかけてくる超有名人です。人と人のつながりから子どもたちが喜ぶ企画を実施できたことをとても嬉しく思います。(森合)

2017年2月15日(水)
6年 薬物乱用防止教室

 15日(水)に,「薬物乱用防止教室」がありました。6年生はこれから体育の保健で学習していくのですが,その前に詳しい話を聞くことができました。薬を正しく飲まないことも薬物乱用になることや,飲酒や喫煙による害について分かりやすく教えていただきました。薬物や飲酒,喫煙による害を防ぐためには,正しい知識ときっぱりと断る勇気が必要だということを学んだ一日でした。(遠藤)


校長室にある後山傳治校長先生自筆の色紙です
2017年2月9日(木)
訃報 初代校長後山傳治様御逝去

 2月7日,本校初代校長の後山傳治様が御逝去なされました。故後山校長先生は昭和57年4月,開校したばかりの利府三小の初代校長として赴任され,その後,2年間利府三小の礎を築かれた偉大な先輩の校長先生です。後山校長先生は,教育方針を【心を磨く教育】に求め,特に校木公孫樹に寄せる願い¢後楽の公孫樹に託す四つの心→(求める心・美しい心・強い心・感謝の心)£は,開校後35年間経った今でも着実に受け継がれています。
 音楽教育にも造詣の深かった先生が,「利府三小の校歌を懐かしがっている」と人づてに伺っていたので折を見て校歌のCDを持参しようと考えておりましたが,残念ながら間に合わず申し訳なく思います。
 後山傳治校長先生の開校当時のご苦労と熱意に改めて感謝申し上げますと共に,謹んでご冥福をお祈りいたします。(校長)

2017年2月7日(火)
3年キャップハンディ体験教室

 2月7日の2・3校時いちょうタイム(総合的な学習の時間)の活動として,利府町社会福祉協議会の方を講師に「キャップハンディ体験教室」を行いました。
 内容は,「車いす体験」と「目かくし・白杖体験」の2つで,体育館内に特設したコースを使い,学級ごとの講師の先生の指示のもとに行いました。
 子どもたちは,思っていた以上に動かすのが大変な車いすや,目が見えないことの不自由さに驚き,障害をもちながら生活することの大変さに気付かされていました。また,事後の感想では「町で見かけたら声をかけてお手伝いしたい」などの発言があり,心にのこる活動ができました。(大宮司)

2017年2月7日(火)
6年 卒業給食交流

 2月になったらすぐに6年生の子どもたちと校長室で給食を食べようと考えていましたが,インフルエンザが蔓延し延び延びになっていました。しかしインフルエンザが下火になってきたたため本日から毎日5〜6人のグループで6年生全員と給食を食べたいと考えています。
 話題は,6年間の思い出から,羽生派?錦織派?・習い事・将来の夢まで・・・・話が尽きずに,あっという間の給食時間でした。6年生の子どもたちにとって校長室に入るとか,校長室のソファに座るとかいうのも小学校生活のよき思い出の一つではないかなと考えています。
(校長)

2017年1月31日(火)
4年生 1/2成人式

 4年生の学年PTA行事「1/2成人式」を行いました。

 4年生は総合的な学習の時間に,「1/2成人式をしょう」という学習があります。
 3学期に入ってすぐに,生まれてから10才になるまでの自分の成長を調べる学習をしました。そして,調べたことによって気づいたことや将来の夢・希望などを「10才のことば」としてまとめました。式典では4年生全員がその「10才のことば」を発表しました。緊張しながらも,立派な態度で自分のことを語りました。家族への感謝の気持ちが言葉として表れていました。最後に「世界がひとつになるまで」の2部合唱を披露し,全員で記念撮影をして式典の部を終えました。
 後半は,親子レクレーションを行いました。学年PTAの役員の皆さんが何度も話し合いを重ね準備してくださいました。「ジェンカ」,「マイムマイム」のダンス,役員さん企画の「ウルトラクイズ」。10才の節目を親子で楽しみ,お祝いすることができました。学年PTAの役員の皆様,4年生の保護者の皆様,お忙しい中,ご協力ありがとうございました。(相澤)

2017年1月31日(火)
お話朝会『利府三小は宝だらけの学校』

全校の児童の皆さん おはようございます。
 今日は放送による朝会です。放送でも良い姿勢でしっかりお話を聞きましょう。
 さて今日は【利府第三小学校】は【宝だらけの学校】だという話をします。
 利府町にある六つの小学校の中でも 三小にしかない自慢できることはたくさんあります。今日はその中から三つの自慢=宝についてお話しします。
 一つ目のお宝は【広い校庭】です。校長先生は今までたくさんの小学校を見てきましたが,こんなに広い校庭を見たことはありません。きっと校庭を大回りで一周すると大変な長さになるのではないかと思います。利府三小の校庭で 朝・業間・昼休み・放課後 それから体育の時間に 遊んだり運動したりすると自然と体力がつき,丈夫な体がつくられるようなります。
二つ目のお宝は【本がたくさんある図書室】です。今年は70万円分の本がそろい,今は8190冊もの本が置いてあります。毎日1冊ずつ読んでも全部読み終えるのに23年間もかかります。また利府三小図書室の本は一冊一冊にバーコードのシールが貼られてありとても借りやすくなっています。利府三小の子どもたちの本を借りる冊数は町内の学校の中でも一・二を争うほど本好きです。校長先生はみんなにもっともっと本を読んでもらい物知りになったり豊かな心を育んでほしいと願っています。
三つ目のお宝は【イチョウの木】です。校木のオオイチョウは16メートルもあり,利府三小が作られる前からあったとても歴史のある木です。また校舎の北側には利府三小の開校に併せてたくさんのイチョウの木が植えられました。イチョウは大昔から姿を変えずに生き続ける神秘的な木で,黄色くなった葉は様々な薬の原料にもなる生命力のとても強い木です。ですから三小の子どもたちは毎日学校に通い続けているだけで,イチョウパワーを体中にあびることになるのです。
このような宝だらけの学校は,利府町だけでなく日本全国の中でも珍しい,自慢できる学校です。
・広い校庭で元気に走り回り丈夫な体を作り
・図書室で本をたくさん借りて頭と心を育て
・毎日学校に通いイチョウパワーを取り入れ
そんな宝だらけの利府三小の子どもであり続けてほしいと思います。
お話を終わります。

2017年1月30日(月)
ふれあい給食会

 1月24日〜30日は『全国学校給食週間』。それにちなんで利府町では町内の小学校に給食の食材を提供している地元の農家の方をお招きして,子どもたちと一緒に給食を食べる催しを毎年実施しています。
 本日は,学校給食に提供されるお米や野菜などを作っている利府町内の引地さんと鈴木さん,そして実際に学校給食を作っている学校給食センター,キャロット館とポテト館の職員の方など6名の方にお出でいただきました。出迎えたのは2年1組の元気な子どもたちです。
 農家の方のお話を聞いて農作物を作る大変さを知った子どもたちは,メニューが好物のカレーだったことも有りたくさんお替わりをしていました。(校長)

2017年1月30日(月)
校外学習(塩竈神社)

 冬とは思えぬ1月30日は気温10度超えの暖かな陽気。今日はひまわり組・たんぽぽ組・やまぶき組のお友だちが,歩いて塩竈神社まで出かけました。表坂の202段の階段を無事に登り切り,ご褒美のおだんごにありつけるはずでしたが《おさんこ茶屋》あいにくのお休み。それでも子どもたちはみんな元気に塩竈神社で過ごしました。たんぽぽ組の,そうすけくんは,2月から転校するためこのメンバーでの校外学習は今日が最後。仲の良いまとまりのある子どもたちです。いつまでも互いのことを忘れず,今日の塩竈神社で過ごした時間をよい思い出にしてもらえればと思います。(校長)

2017年1月27日(金)
3年生利府町郷土資料館見学

 1月27日の午前,社会科「かわってきた人々のくらし」の学習の一環として,利府町郷土資料館に見学学習に行きました。
 郷土資料館では,2階の常設展と1階の企画展の展示見学とともに,洗濯板を使った洗濯体験も行いました。展示見学の際には資料館職員の方とともに利府町民話の会の方々もボランティアとして解説をしてくださいました。
 子どもたちは真剣に洗濯板体験に取り組み,また熱心に見学し,解説を聞いたり質問したりしながらワークシートにまとめていました。(大宮司)

2017年1月26日(木)
NHK全国俳句大会 ジュニアの部入賞

NHK主催の『平成28年度全国短歌俳句大会ジュニアの部』の結果が学校に通知され,3年1組の2名の子が見事入賞をはたしました。

 ○鈴虫は朝夕二回コンサート  (鈴木蓮音さん)
 ○毎日のとんぼの音に鳥の声 (橋志帆さん)

 どちらの俳句も子どもらしい感性に溢れ,逆に頭が凝り固まった大人では作れないなど感心します。今回の入賞は,3年1組担任の大宮司先生が国語の授業で子どもたちに俳句を作らせた後,何かの作品応募に送れないかとネットで検索しヒットした大会だそうです。標記のタイトルをネットで検索すると2人の作品も含めて全ての入賞作品をごらんになることができますよ。(校長)

2017年1月24日(火)
1年 食に関する指導

利府町給食センター・キャロット館から栄養士の高杉さんと調理員の大椿さんをお招きして,給食できるまでのお話をしていただきました。町内の小中学校のうち6校・2500人分もの給食を作られていることが分かり,子どもたちは歓声を上げて驚いていました。おいしくて栄養のあるメニューを調理員さんが心を込めて作ってくださっていることに感謝し,これからも残さずに食べようという気持ちをもつことができました。 (橋紀)

2017年1月17日(火)
十符っ子ブラザーシップ全体会

 1月17日,役場で上記の会が開かれ,町内の小中高・支援学校の代表の子どもたちが集い,あいさつ運動やいじめ防止の取り組みなどの話し合いが行われました。本校からは6年生の隆君・幹太君,担当の裕子先生が参加し子どもたち主体の活発な活動が進められました。今回,三小の職員としてうれしかったことが二つあります。一つ目はオープニングで本校自作のいじめ防止CMが各校の代表で流されたこと。この動画は,高学年の計画委員の子と児童会担当の早苗先生が作成したコンパクトにまとめられた優れもののCMです。もう一つの嬉しかったことは,隆君・幹太くんが【自分から進んで】全体会の発表者に名乗り出たこと。この積極性にはとても感心しました。間もなく今日の話し合いをもとにした『いじめ防止5ヶ条』が事務局の利府高校生徒会から全ての小中学校に示されます。(校長)

2017年1月17日(火)
6年 東北電力出前講座

 17日(火)に,「東北電力出前講座」がありました。6年生はこれから理科で「電気」を学習していくのですが,その前に詳しい話を聞くことができました。電気には4つの働きがあることや,電気がどのように作られるのかについても詳しく教えていただくことができました。また,後半には実際に電気を作る実験をさせていただきました。手回し発電機で電気を作ったのですが,みんな悲鳴を上げながら頑張って回していました。電気を作る大変さを実感することができました。(遠藤)

2017年1月15日(日)
野中二部・新春カルタ・餅搗き大会

 月15日,野中二部の前川原町内会長様のご招待により野中二部生活センターにお邪魔しました。住宅地内にあるセンターは一見ひっそりとしていましたが中に入りビックリ!138名の子どもたちが年代別に16グループに分かれカルタ大会の熱戦まっさなかでした。今年は過去最高の参加人数とのことで大いに盛り上がっていました。感心したのは子どもたちの行儀の良さ。勝ち負けにこだわりすぎず同時にとった絵札はジャンケンでやりとりするなど子どもの中でルールが確立されていました。野中二部の町内会役員・,老壮会・婦人会の皆様方をはじめ保護者のお父さん・お母さんなど多くの方がスタッフとして休日に子どもにかかわる姿は心温まるものでした。最近の全国的傾向である《地域離れ》とは対極のすばらしい取り組みで有り,これも【利府三小の財産の一つ】だなと感じました。(校長)

2017年1月12日(木)
6年 租税教室

12日(木)に,「租税教室」の出前授業がありました。なかなか聞くことのできない「税金」のお話を,税理士さんから聞きました。税金の種類や使われ方などを詳しく教えていただくことができました。また,「もし税金がなかったらどうなるか」ということについても聞くことができ,税金の大切さを実感することができました。また,「一億円」の見本を持たせてもらい,その重さ(ちなみに10sです)も体験しました。今日の授業は,税金の大切さを学ぶよい機会となりました。(遠藤)

2017年1月10日(火)
あけましておめでとうございます

 第3学期始業式,学校に子どもたちの元気な声が戻ってきました。冬季休業中は大きな事故等もなく子どもたちも穏やかに新年を迎えられたようです。地域の皆様・保護者の皆様に支えられ今後さらに日々の教育活動を充実させて参りたいと思います。今年もよろしくお願い申し上げます。
 さて本日の始業式では,50日間ほどの短い3学期ですがとても大事な学期であるというお話をしました。
 【自分から進んで学習する】
 【学級全体が良くなるように生活する】
 【病気に負けず学校に通える健康なからだをつくる】
の具体的なめあてと,その頑張りに対して《修了証書・卒業証書》が手渡されるという話の内容です。また,児童代表の言葉では4年のてんたくんと2年のことねさんの二人がすばらしい発表をしました。
 今学期も職員一同,子どもたちのやる気をさらに引き出していきます。(校長)

2016年12月28日(水)
よいお年をお迎えください
  本日12月28日は,官公庁御用納めの日,1月3日まで学校も閉庁となります。先ほど玄関には業務員の志賀さんに,しめ飾りと年賀の挨拶を飾ってもらいました。学校は1月からというよりは4月の年度初めがスタートとなりますが,この8ヶ月間多くの皆様に支えられて子どもたちが健やかに成長している姿を見るにつけ,学校のもつ地域の役割というものを考えさせられました。このHPもカウンターを設置以来,毎日数十名の方がアクセスしてくれており情報発信の一助となってるのではないかと思います。先日,前任校でお世話になった校長先生からお手紙を頂戴し「ちょこっとトピックス見てますよ」と励ましのお言葉をいただき感激しました。カウンター5000目指し今後,さらに内容を充実させて参りたいと思います。今後ともご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。
 まずは皆様,よいお年をお迎えください。(校長)
2016年12月21日(水)
漢字検定・学校内表彰

 11月6日に行われた漢字検定では,本校から81名の受検者があり先日その結果が学校に通知されました。全体としては72名の合格者数。全国平均をこえるすばらしい合格率でした。反面,年度半ばの実施のため,今現在の学年の級を受けるか,前年度の学年の級を受けるかで悩んだり,1年生の希望者は必然的に今習っている学年の級を年度途中で受けざるを得ないということもありました。しかし何らかの励みにはなったと思いますので,次年度も校内で開催したいと考えています。気が早いのですが,平成29年10月15日(日)を候補日と考えています。今回合格した人はその上の級を,残念ながら不合格だった人は再挑戦してもらえればと思います。今日は,主催者から校内表彰用にと賞状と副賞が届きましたので校長室で表彰式を実施しました。「最優秀賞」の6年千葉幹太君を始め,「優秀賞」7名・「努力賞」9名の皆さん,おめでとうございました。(校長)

2016年12月20日(火)
出前授業(キリバス共和国・いじめ問題)

 20日()に,2つの出前授業がありました。1つ目は「キリバス共和国」についての授業でした。仙台市出身で,現在はキリバス共和国に帰化した,ケンタロ・オノさんのお話を聞きました。キリバスとはどういった国なのか,どのような生活をしているのかなどを楽しく聞かせていただきました。しかし,楽しい話ばかりだけではありませんでした。地球温暖化による海面上昇の影響を受け,国自体がなくなってしまうかもしれない,ということでした。前回のフィリピンに続き,現地の方の生の声を聞くことができ,とても勉強になりました。
2つ目は「いじめ問題」についての授業です。こちらは弁護士の高島さんをお迎えしての学習でした。いじめの実例や法律的な責任について教えていただきました。どの子も真剣に話を聞くことができました。弁護士さんからは,「いじめは絶対にやってはいけないこと」「いじめられたら誰かに話をして」「いじめられている人を無視しないで」というお話をしてもらいました。今日の話をきっかけに,高学年から「いじめ0」の学校になるように手本となってほしいと思います。(遠藤)

2016年12月14日(水)
6年・スクールシップ授業参観

 14日(水)に,6年生が利府中学校の授業参観に行ってきました。入学前に中学校の授業を体験できる,とてもよい機会です。1年生と2年生の授業を参観させていただいたのですが,英語や数学など,小学校の学習よりも難しい授業にビックリしている子ども達もいたようです。後半は部活動を見学させていただきました。自分たちの気になっている部活動を中心に,先輩方が活動している様子を見学することができました。中学校へ向けて,大きな期待をもつことができた素晴らしい1日となりました。(遠藤)

2016年12月13日(火)
6年・フィリピンの話を聞く会

 学区内に住むマリサ・マラパドさんに来校していただき,マリサさんの母国フィリピンの話を聞く機会がありました。マリサさんが利府三小に来てお話をいただき始めてから,もう十年以上経つそうです。同じアジアの国で歴史的にも日本と深いつながりのあるフィリピン。同じ島国という共通点もありますが,文化の違いやフィリピンの学校の様子を知った子どもたちは早速,フィリピンの学校へプレゼントを送る企画に取り組みました。マリサさんからいただいた感謝状や民芸品を学校の玄関に展示しましたので,ご来校の際にご覧いただければと思います。(校長)

2016年12月9日(金)
図書館まつり

 11月下旬から行う予定だった『図書館まつり』が胃腸炎流行のため延期になり今週実施されました。図書委員会の5,6年生の子どもたちと図書館担当の菊地先生・阿部先生が,企画したすばらしいイベントです。今週四日間,業間と昼休みの計8回実施しましたが毎回50人ほどの子どもたちで賑わいました。いろいろなジャンルの本を読むと完成するビンゴカードも最終日には列が揃い,図書委員手作りのしおりをプレゼントされる子どもたちが続出,利府三小の子どもたちは本好きですが,今以上にたくさんの本と出会えればと思います。(校長)

2016年12月6日(火)
お話朝会(唱えようA)

 落語『寿限無』に続き,今回は数字の【12】にちなんだものを唱えて暗記することにしました。12という数は一年が12ヶ月と言うこともあるためか,いろいろ憶えることがあります。今日試した,『干支(えと)』・『旧の暦の12ヶ月の言い方』の他にも『12星座』とか『冠位十二階』・『十二単衣』など歴史の学習で出てくる十二もあります。また今日は【英語の1〜12月】も憶えました。英語は平成30年度から実施される新しい学習の目玉教科となります。とりあえず,子どもたちには「自分の干支と,誕生月を旧の月名と英語で言えること」を話しました。楽しんで唱えられたらと思います。(校長)

2016年11月16日(水)
3年 人権教室

 3年生は11月16日(水)に人権擁護委員の皆様を講師とした「人権教室」を行いました。
 はじめに「世界をしあわせに」の合唱をし,次に「わたしのいもうと」の読み聞かせとワークシートを使っての学習を行いました。
 子どもたちは活動を通じて人権について知ることができ,いじめ防止の気持ちを高めることができました。
(大宮司)

2016年11月16日(水)
もっとなかよし町たんけん

 今日は十符の里プラザを見学し,利府駅から電車に乗って岩切駅に行きました。
 十符の里プラザでは,どんな人が使うのか,何をするところなのか,職員さんの話を聞きながらメモを取ることができました。郷土資料館では,驚きがたくさんあったようです。利府駅では,一人ひとり切符を改札機に通して,電車に乗りました。電車の中ではマナーを守って立派に過ごしました。これからは,今までとは違った視点で町の施設を利用できるようになると思います。(森)

2016年11月15日(火)
なかよしいちょうの会・感謝の会

   さつまいもの栽培でお世話になった地域の老壮クラブ・ケヤキ会、それからなしの美保育園のみなさんと一緒に楽しい会を開きました。さつまいもの苗植えやいもほり、スイートポテト作りのことを書いた生活科カードの発表に続いて、みんなで歌を歌ったり、ゲームをしたりしました。ゲームの“王様じゃんけん”はみんな大もり上がりでした。その後はお待ちかね、収穫したおいもをみんなで食べました。みんな口々に「おいしい、おいしい」と言いながら笑顔で食べていました。最後におじいさん・おばあさん方へ感謝の手紙を渡しました。うれしそうな様子でした。来年もたくさんのおいもが収穫できるように、よろしくお願いします。(野)


 
2016年11月14日(月)
放課後子ども教室開所式

 月曜日に本校のミーティングルームで放課後子ども教室(通称 サン・ペア・クラス)の開所式が行われました。参加希望の18名の子どもたちと教室の先生が初めて顔を合わせ,これから毎週月曜日の放課後,楽しい時間のスタートです。先生は前教育委員の遠藤和子先生と昨年度まで本校に勤務されていた菊克己先生,そしてお世話役は読み聞かせの大場さんと勝又さんです。その他にも多彩なゲストの先生が物作りや遊びなど様々な体験をしてくださる予定です。この事業は利府町では初めての試み,是非大成功させて来年度以降につなげてほしいと願っています。(校長)

2016年11月12日(土)
PTA環境整備作業
(空き地整備仕上げの会)

 前日の冷たい雨から一変,秋晴れのもとPTA主催の標記の会が行われました。校舎の北側の空き地は地主の伊藤様のご厚意でお借りしているものですが,地域ボランティアさんとお父さん方がその整地を行い,お母さん方と子どもたちが『やきいも』をする大変すてきな秋らしいイベントです。およそ30人余りの親子で大盛況,特に参加した子どもたちは,空き地でめいっぱい,働き・遊び・食べて,と満足げな様子でした。今の子どもたちに一番必要なことは,このような自然体験だと考えています。(校長)

2016年11月10日(木)
三小子どもまつり

 季節は冬に近づいていますが,寒さに負けず子どもたちは元気に過ごしています。今日は子どもたちが計画した『子どもまつり』の日。3年生以上の子どもたちが工夫を凝らした出店や遊びのコーナーを開き,三小の子どもたちは無論のこと。地域の皆様・保護者の方・保育園児等,様々なお客さんに楽しんでもらう日でした。コスプレ撮影など今時のお店も有りどのクラスも大繁盛でした。お店以上(?)に印象に残ったのが【片付けの手際の良さ!】おまつりだけでなく,こういうことが大事なんだと思います。
(校長)

2016年11月6日(日)
漢字検定

 「十符っ子の日」の翌日,81名の子どもたちと中学生,そして保護者の方が利府三小で漢字検定に挑みました。またボランティアの保護者の方に来校いただき受検監督をご協力いただきました。休みの日にわざわざ漢字検定に挑戦してくれた気持ちをうれしく思います。自分のレベルに併せて受検できるのがいいですね。勉強で一番大切なことは『自分から進んで』だと思います。受検者には概ね好評だった今回の漢字検定,できれば毎年の恒例の企画にしたいと思います。結果はおよそ一ヶ月後に通知されます。(校長)

2016年11月5日(土)
十符っ子の日 感謝と誓いの集いB
5年高橋優さんの夢と志意見発表

 私の夢,それは『動物のお医者さん=じゅう医』になることです。保育園のころは,ケーキ屋さんや洋服を作る人になりたいなあと思っていました。その私がじゅう医になろうと思ったきっかけは2011年3月に起こった東日本大震災です。その時,私は保育園の年長でした。ガタガタと大きくゆれて立っていられなかったことを覚えています。その後に津波が来ました。私の家では私が産まれる前から飼っている《チビ》がいました。お母さんと一緒にお散歩をしたりボールを使って遊んだりした大好きな友達でした。《チビ》は首輪をつけたまま,おきざりにされ,そのまま流されてしまい家にはくさりだけが残されていました。
 小学校に入学して,津波や地しんのことを本やDVDなどで見ました。こんなにすごかったんだ,こんなに大変だったんだと思いました。そして今でも《チビ》を助けてあげられなかったことが心に残っているのです。だからせめて《チビ》のかわりに別な犬を助けてあげたい。そう思ってじゅう医になりたいと思うようになりました。わたしが今,夢をかなえるために努力していることが三つあります。一つ目はは動物について勉強することです。じゅう医は犬だけでなく様々な種類の動物を診察しなければなりません。ネコや鳥,こん虫の生態などについても図かんで調べながら勉強しています。二つ目は学校の勉強です。じゅう医になるためには試験で合格しなければならないと聞きました。漢字を覚えることや計算を早くできるようになることが今の私の目標ですが,理科で習った人や動物のからだのしくみやメダカの学習はとても役に立ちそうなのでしっかり覚えておこうと思います。そして三つ目は,人を助けることです。東日本大震災の時に私はたくさんの人に助けてもらいました。その人達への感謝の気持ちを忘れずに,次は私が人を助けたいと思いました。だれかが困っていたりけがをしていたら,すぐに声をかけるようにしています。
 夢をかなえることはむずかしいことです。途中でつらくなったりやめたくなったりするかもしれません。でも私は絶対にあきらめずに乗りこえて,じゅう医になる夢をかなえます。そして多くの動物達の命を救いたいと思います。

2016年11月5日(土)
十符っ子の日 感謝と誓いの集いA
6年早坂駿太君の夢と志意見発表

 私が今,将来について考えていることは「人の役に立つ仕事をしたい」ということです。その中でも,特に,私が一番なりたいものは宇宙飛行士です。宇宙には知られていないことがたくさんあり,それを調べることでたくさんの人の役に立てるのではないかと考えたからです。この思いが強くなったのは,8月にある場所を見学してからでした。私は8月に父の職場である製油所の見学に行きました。製油所とは,原油をガソリンや灯油など様々な石油製品を作る場所です。工場ではいくつもの大きな機械やタンクなどがあり,その大きさにあっとうされてしまいました。見学中,私はこんなことを思いました。「石油を作るのは大変だろうな」と。その後,帰ってからこのことが気になったので父親に聞いてみました。「石油を作るのは大変じゃないの?」
すると父親は
「大変だけど,石油が無いとみんなが困るから,お父さんたちががんばって作らないと。」と答えてくれました。このことからぼくは,みんなの役に立つ仕事は大切なんだなと思いました。そして,私たちの生活を支えくれる父親や工場の人たちに『ありがとう』という気持ちがでてきました。
 このことを経験してから学校での生活も変わってきました。それは人の役に立つということを意識しはじめたからです。委員会では,放送委員会で時間に遅れず放送をすること,クラスでは代表委員に進んで立候補しました。また勉強が分からない友だちに解き方のヒントを出したり説明したりしました。学年では地域の公園のゴミ拾いをして地域の役に立つことをしました。どの活動も人の役に立った気がしてうれしかったです。
 これから私は自分の夢をかなえるために,これまでお世話になった方々への感謝の気持ちを忘れず,たくさんのことを学んでいこうと思います。夢に向かって一歩ずつ進んでいけるように努力したいと思います。

2016年11月5日(土)
十符っ子の日 感謝と誓いの集い@

 今日は利府中学校を会場に標記の会が行われました。本校から参加したのは5,6年生の子どもたち全員。利府小の5,6年生の子どもたち,そして利府中の生徒全員も参加しました。
 6年生の伊藤さんの開会の言葉から会がスタート。5年生の橋さん,6年生の早坂君の志の発表や児童会の皆さんが自主制作したいじめ防止のCMビデオの上映など盛りだくさんの内容でした。さらに利府中の卒業生の千葉兄弟さんによる利府太鼓の演奏・・・・・まさに利府の子どもだという自信と誇りを再確認した集いでした。(校長)

2016年11月5日(土)
夢について話そう会

  5・6年生が「十符っ子の日」で利府中学校へ行っている間に、1〜4年生の児童は体育館に集まり「夢について話そう会」を行いました。これは各クラスの代表児童が自分の夢や将来なりたい職業を発表する会です。ドーナツ屋さん、学校の先生、宇宙飛行士…たくさんの職業を理由とともに発表しました。その後、ビデオに撮っておいた5・6年生代表児童の発表や児童会で作成した「いじめをなくすためのCM」をみんなで見ました。最後は、みんなが毎年楽しみにしている教頭先生の夢の発表です。大きな大きな絵
(実物大)を示しながら教えてくれた教頭先生の夢は…ティラノサウルスの化石を日本で発掘することだそうです。みんな、自分の夢がかなえられるように、今できることからコツコツとがんばってほしいです。(高野)

2016年11月4日(金)
火災予防に向けてA
火災想定避難訓練

 11月4日,3校時に家庭科室から出火という想定で避難訓練と初期消火訓練を行いました。『お・は・し・も』の約束をしっかり守り素早く避難完了できました。さらに宍戸先生・森先生と4〜6年生の代表の子どもたちが「火事だー」と大きな声を発しながら初期消火訓練を行いました。これからの季節は,火を使う機会も増え,さらに空気も乾燥するので年間でも最も火災が多くなる季節です。避難や消火もですが,【火遊びなどで火事をださない】ことも子どもたちと約束しました。(校長)
《消しましょう その火その時 その場所で》

2016年11月3日(木)
火災予防に向けて@
藤田地区防災訓練

 11月3日,文化の日,藤田地区の防災訓練にお招きをいただき訓練の様子を見させていただきました。消防署員の方を講師に藤田地区の皆さんが,初期消火や怪我人の応急処置等の技術を学びました。藤田地区の,はるなさん・みさきさん姉妹も参加し,通報訓練に挑戦,はっきりした受け答えで消防署員の方に火災の状況を伝えることができました。学校でも,地域でも,いつ火災が起きても慌てないように,備えは欠かさずです。(校長)

2016年10月31日(月)
利府三小コミュニケーションB
さつまいもほり

 実りの秋・収穫の秋にふさわしい学校畑のさつまいもほりが行われました。とは言っても低学年の子どもたちだけでは,さつまいものつるが邪魔をしたり,堅い粘土質の土の中からいもを掘り起こすのは至難の業。そこで地域の皆様に朝から来校していただき子どもたちの収穫のだんとりを事前にしてもらいました。子どもたちは自分の顔より大きいさつまいもにびっくり!最近は土に触らない子どもも増えていると聞きますが,楽しい自然体験のひとときとなりました。(校長)

2016年10月29日(土)
利府三小コミュニケーションA
利府第三地区スポーツ大会

 10月29日(土)はお休みの日にもかかわらず,本校の子どもたちと保護者の方,併せて200名以上が体育館に集いました。
 私は初めて見たのですが,利府三小では伝統の催し,地区対抗『五色綱引き』 地区の名誉とトロフィーを賭けて子どもたちの熱戦が繰り広げられました。それにしても見事だったのが,子ども会育成会のお母さん方の仕切りと手際の良さ!親子だけでなく,親と親,子と子のコミュニケーションが自然に図られたとてもすばらしい地区行事でした。(校長)

2016年10月27日(木)
利府三小コミュニケーション@ 
ふれあいオープンスクール

 先日,宮城県PTA研究大会参加のため大崎市田尻に遠藤浩PTA会長と二人で出かけてきました。今年度の大会テーマは,『今,コミュニケーションを考えるとき』。
 コミュニケーションって当たり前のことでは?いえいえ,わざわざテーマにしなければならないところが今の世の中の課題なんですね。ひるがえって利府三小の秋はコミュニケーション真っ盛り,本当に恵まれた子どもたちだと思います。
 10月27日は1年生の子どもたちが40人ほどの地域の皆様と輪投げやお手玉,紙鉄砲などの昔遊びを楽しみました。子どもたちも地域の皆様もどちらもすばらしい笑顔が印象的でした。(校長)

2016年10月22日(土)
学習発表会・一般公開

 秋晴れの土曜日に学習発表会・一般公開が行われました。どの学年の子どもたちも生き生きと発表し,来校されたお客様から大きな拍手をいただき,満足げな顔つきでした。
 どの学年の子どもたちも児童公開から格段にバージョンアップした姿が印象的で,この修正能力の高さはすべての教育活動で発揮できるはずという期待感を感じさせるものでした。地域の皆様・保護者の皆様には学校公開の一場面になったのではないかと思いしますし,併せて子どもたちにとっては『自信』がついた貴重な経験だったと感じています。(校長)

2016年10月19日(水)
稲刈り体験(5年)

 総合「米作りをしよう」の学習で稲刈り体験をしてきました。5月に植えた苗の生長の様子に驚きながら,楽しく収穫することができました。今度は収穫したもち米をみんなでついてお餅を作ったり,お世話になった鈴木さんに感謝の気持ちを伝えたりする収穫祭があります。今から収穫祭がとても楽しみです。(宍戸)

2016年10月18日(火)
学習発表会・児童公開

今週の土曜日に開催される学習発表会・一般公開に先行し子どもたちが互いの学年の発表を見合う『児童公開』が行われました。お忙しい中,鈴木利府町長様にもお出でいただき子どもたちに励ましの言葉をいただきました。特に運動会以来となる1年生の半年間の成長には目を見張っておられました。
 私から言うのも何ですが,どの学年の演技もすばらしいもので,まさに【一人一人が主役】という印象でした。22日はぜひご家族,おじいさまおばあさまをはじめ多くの方に子どもたちの練習の成果をご覧いただければと思います。(校長)

2016年10月10日(月)
6年公園清掃その2

 10月10日体育の日,朝に新聞を開くと,利府三小の6年生の公園清掃の記事が掲載されていました。新聞に本校の様子が載るのは,仙フィルのスクールコンサートに続いて今年度2回目のこと。保護者の皆さんは無論のこと,地域の方々にも学校を知ってもらうよい機会だと考えています。先方の都合もあるとは思いますが,学期に一度くらいのペースで学校の様子をマスコミに取り上げてもらえればと思います。(森合)

2016年10月9日(日)
利府町スポーツ交流フェスティバル

 10月9日は,グランディ21で,スポーツ交流フェスティバルと十符の里フェスティバルなどの町の行事が開催されました。目玉は『学校対抗リレー』 低中高の学年の学校代表の子どもたちが健脚を競う待ちに待った日です。利府三小チームは,宍戸和之先生の指導のもと,練習にも励んできました。子どもたちは健闘しましたが結果は残念ながら6位・・・・・。惜しい場面もありましたが,コースのくじ運に大きく左右されることもあり子どもたち自身にとっても満足のいく結果とはなりませんでした。しかし最後まであきらめない姿・悔しくて涙を流す子どもたちにとっては多くのことを学んだ貴重な経験の場だったと思います。子どもたちの健闘に心から拍手を送った1日でした。(校長)

2016年10月4日(火)
お話朝会(寿限無を唱えよう@)

暦も10月に入り年度の半分が終わりました。秋は季候も良く,学習に・スポーツに・芸術に・・・様々なことに取り組むのによい時期です。
 さて以前から『子どもたちに,暗唱に挑戦させたいな』という思いがありました。暗唱は記憶力を高める効果があるとされ,さらに日本人なら暗唱できた方がよい文章というものがいくつもあります。今回は,【詩】【童謡】【小説】【口上】などの候補のうちから『寿限無』に挑戦することにしました。子どもの名付けへの深い親の愛情が溢れる落語の名作です。今日は前半の名付けまで読み聞かせました。11月8日のお話朝会では,全校の子どもたちと続きからオチまで『じゅげむじゅげむ・・・』と唱えたいと思います。ご家庭でも子どもたちの暗唱を聞いていただければ幸いです。
(校長)

2016年9月29日(木)
八木山動物園(1年生)

八木山動物園の校外学習に行ってきました。あいにくの雨でしたが,グループごとの活動を仲間と協力して行うことができました。明日は,楽しかったことやお気に入りの動物について,絵や作文に表す活動を行います。どんな作品ができるか楽しみです。(尾形)

2016年9月29日(木)
利府高校とのスポーツ交流会

  ブラザーシップでお世話になっている利府高校サッカー部のみなさんが三小にきてくれました。6年生にパスやドリブル,シュートの仕方を一緒に体を動かしながらやさしく教えてくれました。「たくさんボールにふれて慣れましょう!」「上手,上手!」「いいねぇー,センスあるよ!」とたくさん励ましてもらい,楽しく練習することができました。また,ミニゲームやリフティングでは,素早いパス回し,卓越した技術を見せてくれました。最後に高校生からは、「みなさんが楽しかったなら,自分たちもうれしい。」とお話がありました。休憩するのも忘れるくらい充実した90分間でした。ありがとうございました。(高野)

2016年9月26日(月)
学習発表会の準備

    今日は先生方で,学習発表会の準備をする日です。放送機材を設置したり,破れた中幕を縫ったりしました。写真はステージ上のスポットライトの電球を交換している様子です。全部で31個,はしごを使って天井付近まで上り,交換しました。今年の学習発表会では,きっと子どもたちの表情がよく見えると思います。楽しみにしていてください。(高野)

2016年9月26日(月)
6年公園清掃

 23日(金)に,総合的な学習の時間で,「公園清掃」を行いました。6年生の「公園にゴミを捨てる人がいる」という言葉から始まった活動,みんな一生懸命ゴミを拾っていました。保護者の方の参加もあり,とてもよい活動となりました。活動後には「ゴミを拾うのは大変だから,捨てないようにしよう」などという話も聞かれました。この気持ちが全校に広がるように,6年生から全校に呼びかけていきたいと思います。(遠藤)

2016年9月21日(水)
秋の交通安全町民(県民)総ぐるみ運動

 校地内のミヤギノハギが咲き誇り栗の実が爆ぜ落ち,いよいよ秋も深まってきました。
 さて本日から9月30日までの10日間に渡り標記の運動が展開されます。地域の皆様・保護者の皆様には早朝から子どもたちの登校の様子を見守っていただきありがとうございます。運動初日の子どもたちの様子を見ましたが,車に注意し,しっかり歩行できていたように思います。何よりニコニコ笑顔で元気に登校し,しっかりあいさつをしている子どもが多いのは何よりです。(校長)

2016年9月14日(水)
正しく箸を使おう!(1年)

 キャベツクラブの方々を講師にお招きし,箸の持ち方について学習しました。初めに,正しい箸の持ち方を教わり,お皿に載った小さなスポンジを箸でつまむ練習をしました。苦戦する子もいましたが,「始めはできなくても,少しずつ慣れていけばいいですよ。」と励ましの声をいただき,一生懸命練習していました。次に,「刺し箸」や「渡し箸」などの嫌い箸について教わり,子どもたちは箸のマナーについて興味深く話を聞いていました。学習後,「2年生までに正しく箸を使えるようになりたい。」や「嫌い箸をなくしていきたい。」と意欲を見せていた子どもたち。毎日の食事で実践できるように励ましていきます。(尾形)

2016年9月14日(水)
花山野外活動
 9月9日(金)〜11日(日)に、5年生は2泊3日で花山合宿に行ってきました。3日間とも見ごとに晴れて、すべての活動を予定通り行うことができました。
 1日目は、ウォークラリーと焼き板つくりとナイトハイクです。あなぐまコースを二手に分かれスタートしました。途中迷って早く出た班が遅れて到着することになりましたが、全員無事に所に到着。大自然あふれる花山は甘くはないようでした。
 午後は焼き板つくりです。どのくらいこがしていいのか加減がわからず、炭寸前に!でも意外とそのくらいがすてきな作品ができあがるのです。
 夜は、子供たちが一番楽しみにしていると話していたナイトハイクです。スタートする前に怖い話をしたら、泣き出す女の子が続出・・・。それでも全員スタートできるところがさすが5年生です。楽しみにしていたのですね。子どもたちの叫び声が夜の花山に響き渡った「泣いたハイク」となりました。
 2日目は、沢登りとキャンプファイヤーです。沢は2日前の雨で水が多め!所の方が、沢登りで気を付けることを話し、さらに「今日は冒険したという感じになって楽しめるはずです。」と励まされました。ゴールでの飛び込みは、どの子も大はしゃぎで楽しみました。
 夜はキャンプファイヤーです。写真はクラスのスタンツです。マイムマイムを疲れるまで踊り、大いに盛り上がった夜となりました。
 友達・家族・所の方・先生方そして大自然に感謝することを学んだ花山合宿となりました。  (教頭)
2016年9月8日(木)
4年校外学習(仙台市天文台)

 8日(木)に仙台市天文台に行ってきました。プラネタリウムの中では,『月が太陽と同じように「東から西」へ動くこと』や,『月は日によって形が違って見えること』などを学習しました。また,その日の夜空の様子を見ることもでき,たくさんの星座を見ることができました。
展示室では,天文台のしおりを持ちながら一生懸命学習する様子が見られました。星や月について新たに勉強になることも多かったようでした。
また,「ひとみ望遠鏡」の見学も行い,初めて見る大きな望遠鏡に子どもたちはとても驚いていました。
たくさん学び,充実した校外学習となりました。(佐藤翔)

2016年9月5日(月)
どきどきわくわく町探検(2年生)

3・4校時に生活科「どきどきわくわく町探検」を行いました。学校のまわりをぐるっと一周しました。地図をたよりにグループの4人だけで歩くのはどきどきだったようです。「どっち?」「まっすぐ?」や「これ、見て!」と友だちと声を掛け合いながら、活動しました。いろいろと発見があったようですので、まとめの絵地図づくりが楽しみです。(森)

2016年9月3日(土)
利府中学校 体育祭

 暦は9月とはいえ,照りつける日差しが痛いほどの快晴の9月3日,利府中学校の体育祭を見てきました。
 まず圧倒されたのが入場行進。行進曲は全く使用せず427名の生徒全員の『イチ,ニー,イチ,ニー』の力強いかけ声のもと,一糸乱れぬ利府中生の入場はみるものの心を熱くしました。ひとつひとつの競技もクラス毎に練習や作戦会議をした跡が随所に見られ,さすが小学生の手本になる存在だと感心しきりでした。来年の体育祭では,本校の6年生も中学生としてまた一回り成長しているのだろうななどと考えていました。利府中との連携をさたに深めていきたいという想いを強くした体育祭でした。(校長)

2016年8月31日(水)
アサガオが見頃です

 台風10号上陸,皆様のお宅では被害はありませんでしたでしょうか。台風一過,また残暑が戻ってきました。この夏,一年生の子どもたちはアサガオの鉢を自宅に持ち帰り大きく育てましたが・・・・学校でも,ロータリー前にたくさんのアサガオが見事に咲いています。これはサポートティーチャーの阿部進先生が,自生している竹を切ってきて,組み立てた大変立派な【アサガオ棚】があるからなのです。脇で阿部先生の作業を見ていましたが,まさに職人さんでした。ご来校の際,ぜひアサガオを眺めて涼んでいただければと思います。(校長)

2016年8月28日(日)
PTA環境整備作業・その2

 8月28日,前日から順延し,早朝より100名を超す保護者の皆様,子どもたち,そして職員で除草作業等に汗を流しました。やはり長期の休みで子どもたちが校庭で遊ばないと,雑草はみるみる生長します。前日の雨で草が抜けやすかったこともあり,1時間あまりで校庭がきれいになりました。それにしても前回も思ったことですが,子どもたちが多く参加していて,しかもよく働いているなと感心しました。また職員が保護者の方と気軽に話している姿が印象的でした。お休みの日にご協力ありがとうございました。(校長)

2016年8月26日(金)
第2学期 スタート

 学校に元気な子供たちの姿が戻ってきました。36日間の夏休みも無事に終了,大きな事故や怪我もなく無事に過ごせたことが何よりです。
 8月22日には大きな盛り上がりを見せたリオデジャネイロオリンピックも終了し,閉会式では『人文字』で利府三小の子どもたちも参加?しました。もう少し映像が長いのかなと思っていましたが・・・・実は利府町内の学校にも人文字について取材のお話があったのですが台風の影響で立ち消えになってしまったのでした。良かったことは東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より子どもたち全員に非売品のピンバッジがいただけたこと。素晴らしい宝物です。今日の始業式の中では,引き続きパラリンピック競技も行われることにもふれました。ぜひ関心をもってもらえればと思います。(校長)

2016年8月18日(木)
夏休みのひとこまからC

 長い夏休みも,あと一週間で終わろうとしています。今年はやや天候が不安定な日もありましたが,概ね快晴というか猛暑の日が続きました。
 プール開放では,菊先生と多くの保護者の皆様にご協力を賜り誠にありがとうございました。12日間に開放日で述べ1382人の子どもたち(1日平均115人)がプールに通いました。
 7月のチャレンジ算数2016予選結果は残念ながら本選出場とはなりませんでしたが,あと一息のチームもあり,何より自主的にこの企画に申込をした6年生が9名もいたこと,そしてその子どもたちが算数特訓に通い続けたことが素晴らしいことだと思います。
 また夏休み中は,【みなとまち100km徒歩の旅】という企画があり,本校からも5名の子どもたちがチャレンジしました。利府三小の体育館が休憩所ということで激励に行きましたが炎天下の中,100kmを何日もかけて自分の足だけで歩き続けることで,心身ともにたくましく,そして他校の子どもたちと助け合う姿が見られました。
 そろそろ2学期に向けて準備をする時期になりました。私もリオオリンピック放映せ不規則になった生活のリズムを戻さなければと思います。まずは8月22日早朝の閉会式で,利府の子どもたちが作った人文字を見るのを楽しみにしています。(校長)

2016年8月3日(水)
学級力向上プロジェクト研修会

  利府三小では、早稲田大学大学院教授の田中博之先生が提唱している「学級力向上プロジェクト」を指導に取り入れています。これは、学級をよりよくし、子どもたちが安心できる環境の下で学校生活が送れるようにするための
一方策です。今日は東京から田中先生に来ていただき、研修会を行いました。道徳の中での指導法やはがき新聞の実践例などについてご指導いただきました。とても有意義な研修会でした。2学期以降の指導に役立てていきます。(高野)

2016年7月30日(土)
夏休みのひとこまからB

 今日は多賀城文化センターで『算数チャレンジ2016』という催しがあり,本校からは6年1組・2組から計9名の子が参加し,算数の難問に取り組みました。算数の甲子園大会のようなこの企画に対し,修学旅行明けに希望を募ったところ自主的に出たいという子が9名もおりその後,9回の算数特訓を経て,本日を迎えました。およそ200枚の算数プリントに取り組んできた子どもたちは緊張の面持ちの中にも,どこか誇らしげに見えました。(校長)

2016年7月28日(木)
夏休みのひとこまからA

 本好きの子どもたちのために,図書業務員の阿部かおり先生が夏休み中に何日間か図書室を開放しています。今日は4年生のこまきさん,あやなさん,5年生のりおくんが朝から本を借りていました。阿部先生のお話によると,前回の図書室開放日にも10名以上の子どもたちが利用していたとのことです。8月2日と4日も9時〜11時半まで図書室の開放日となっています。本好きの利府三小の子には数多く利用してほしいと思います。(校長)

2016年7月28日(木)
夏休みのひとこまから@

 例年より梅雨明けが遅い東北地方ではありますが,今週から夏休み中のプール開放を行っています。午前・午後とも少ない時でも50人以上,多い日には100人ほどの子どもたちが,気持ちよさそうに水につかっています。同じ学年の子だけで入る水泳の授業とは違い,夏休みのプールでは,学年を越えたつながりが見られ,ほほえましさを感じます。お盆前までのプール開放期間ですが,子どもたちにはできるだけ多く水に慣れ親しんでほしいと思います。
(校長)

2016年7月22日(金)
夏休み教室

  7月21・22日に夏休み教室を行いました。夏休み教室とは、4〜6年生の希望する児童を対象に行う算数の学習会です。2日間でたくさんの問題を解いていきます。三小の先生方は全員手分けして小グループに入り、個別指導を行います。今回は、他に利府中学校からも4人の生徒さんのお手伝いをいただきました。4人ともこの3月に三小を卒業した子どもたちです。4ヶ月ですっかり中学生らしく、立派に成長していました。中学生からの応援ももらい、子どもたちはとても熱心に学習していました。(高野)

2016年7月19日(火)
第1回生徒指導委員会

 7月15日,本校職員に加え,町教育委員会より只野教育相談専門員様,学区の町内会長様や民生児童委員・学校評議員の皆様,菅原晃スクールガードリーダー様,利府中の生徒指導担当の先生,そして保護者の代表の方等にご来校いただき標記の会が開催されました。夏休みを目前に学校・地域・家庭が連携して子供たちの健全育成を図ることが出席者全員で確認されました。また本校のいじめ問題への取り組みについてもお話させていただく機会となりました。こちらにつきましてはこのHPに本校の『学校いじめ防止基本方針』を掲載しておりますので,ご一読いただければ幸いです。(校長)

2016年7月19日(火)
図書の寄贈について そのA

 前回の利府ロータリークラブの様からの図書の贈呈に引き続き,日本教育弘済会宮城支部様より,金10万円分の図書が寄贈されることが決まり,先日その贈呈式が行われました。2団体からの図書贈呈総額は,15万円相当。利府三小の子どもたちはとても本好きで図書室の貸し出しは冊数は年々増加しています。新しい,子どもたちが読みたい本をさらに充実させていきたいと思います。(校長)

2016年7月13日(水)
6年校外学習「東北歴史博物館」

 先日,6年生が「東北歴史博物館」に校外学習に行ってきました。これまで社会で学習してきた「土器」や「鎧」などの複製品があり,自分の興味のある時代について,一生懸命ワークシートに書き込む姿が見られました。後半は,「火起こし体験」をしました。グループの友達と協力しながら,楽しそうに活動する様子が見られました。夏休みを利用し,他の博物館も見学してみてはいかがでしょうか。(遠藤)

2016年6月28日(火)
イーグルスがやってきた!

 楽天イーグルスの選手6名、それから球場でアナウンスを担当している千葉さんが学校訪問に来てくれました。大きく引き締まった体、精悍な顔つき、プロ野球選手はやっぱりかっこいい憧れの存在です。子どもたちは大喜びで、選手と一緒にキャッチボールやティーバッティングをしました。また間近で選手同士のキャッチボールやバッティングも見せていただきました。「これぞプロの技!」という感じで、やっぱりすごかったです。最後には子どもたち全員とハイタッチもしてくれました。手は大きくてゴツゴツしていました。今度はいただいた帽子をかぶってkoboスタへ応援に行きたいと思います。今日はありがとうございました。
(高野)

2016年6月23日(木)
スクールコンサートの感想を紹介します

 6月6日に行われたスクールコンサートにお出でいただいた仙台フィルハーモニー管弦楽団の皆様に子どもたちの感想文集をお渡ししました。曲名や楽器の特徴などを詳しく書いている子も大勢おり,生の演奏にふれ良い経験となったと改めて感じました。何名かの子どもたちの感想を紹介したいと思います。
 ※6月22日の河北新報朝刊に本校のスクールコンサートの様子が掲載されました。

2016年6月23日(木)
スクールコンサートの感想(1)

【2年1組・赤間風香さん】
 きょうは,ウッドブロックをぜんこうの前でやってよかったです。なぜかというとじゆうちょうをもらえてうれしかったからです。仙台フィルの人たち,ありがとうございました。

2016年6月23日(木)
スクールコンサートの感想(2)

【4年2組・内藤美月さん】
 仙台フィルハーモニーのみなさんの演そうはすごかったです。とくにすごかったのは,組曲「動物の謝肉祭」のライオン・めんどりとおんどり・カメ・森のおくのカッコウ・鳥かご・白鳥・終曲がすごく上手でした。まるで物語のげきみたいでした。あと,ぶどう会の美女と,だんだん小さく,シンコペーテッド・クロックもとても上手でした。わたしは(音と音を合わせるときれいですばらしいな。)と思いました。楽器の発表をしょうかいしてくれてありがとうございました。とくにクラリネットがふしぎに思いました。ふしぎに思った理由はどんどんクラリネットの部分をはずせるからです。楽器ってすばらしいなと思いました。

2016年6月23日(木)
スクールコンサートの感想(3)

【6年2組・遠藤栞さん】
 いろいろな曲を聴けて良かったです。知っている楽器もあったけど,名前の知らない楽器もいっぱいあったので,楽器を見れてよかったです。その他にも一人一人楽器で曲をひいた時に「トトロ」や「アナと雪の女王」などもひいたのですごかったです。お話をしながら演そうをしていたのもおもしろかったです。質問でバイオリンのねだんを聞かれたとき,思ったよりも高かったのでびっくりしました。学んだことは「協力」という大切さです。昔読んだお話で,けんかばかりしている兄弟にお父さんが枝をわたして,一本よりいっぱいあった方が折れないという内容でした。それといっしょで,楽器も一つよりいっぱいあった方がきれいで,より神ぴ的になるということで,「協力」の大切さを学ぶことができたので良かったです。

2016年6月21日(火)
お話朝会(メディアコントロールチャレンジ)

 本日お話朝会でメディアコントロールチャレンジについてお話をしました。メディアコントロールチャレンジとは,メディアを使用する時間を自分で決めるか,家族で話し合って決めて,やってみるというチャレンジです。今年度利府町の小・中学校の児童・生徒全員で行います。実施期間は6月22日(水)〜28日(水)です。普段使っているメディアを制限することで,メディアとの使い方を教える機会になります。ぜひこの機会にご家族でメディアとの関わり方についてお話をしていただきたいと思います。(養護教諭 佐々木)

2016年6月21日(火)
教育実習

 6月6日から3週間の期間で,宮城教育大学4年の佐々木俊輔さんが教育実習を行っています。主に2年3組での実習ですが学年を越えて多くの子どもたちと関わっています。毎日の電車通勤にも慣れ,利府駅から三小まで歩いて来るときにも子どもたちに囲まれるようになり,『優しいお兄さん先生』として日々子供たちの指導に励んでいます。我々教員が皆通ってきた教育実習の道,今回,俊輔先生から『初心』を思い出させてもらった職員も多くいます。実習もいよいよ残りわずかとなりました。俊輔先生には,利府三小での教育実習を大げさでなく,教員人生スタートの一生の思い出にしてもらえればと願っています。(校長)

2016年6月15日(水)〜16日(木)
6年生・修学旅行

 『一生に一度の小学校の修学旅行,めいっぱい楽しんできましょう』出発式での私のこの言葉以上に,子どもたちは福島での二日間の修学旅行を満喫してきました。笑顔・笑顔の連続で純粋に旅を楽しむ子どもの表情は生き生きとしていました。何より不参加者や途中で帰宅する子どももおらず,全員が参加できたことが一番の収穫でした。見学先や宿泊所などでかかわった人たちからたくさん褒められた6年生,さすが利府三小の最高学年という姿が見られました。(校長)

2016年6月14日(火)
図書券をいただきました

 本日,利府ロータリークラブの菅野会長様・山田副会長様にご来校賜り,図書委員長の6年村上弘晃さんに50,000円分の図書券が手渡されました。利府ロータリークラブは地域の社会貢献をメインに活動されている町内の団体で,昨年度に引き続き図書券をいただきました。今年度は菅野会長様の子どもたちへのお話をヒントに『偉人にかかわる図書』をシリーズで購入したいと考えております。
 利府ロータリークラブの皆様,ありがとうございました。(校長)

2016年6月12日(日)
野中二部・運動会

 先週の野中一部の「ふれあい広場」に続き,今週末は野中二部の運動会が本校校庭で開催されました。野中二部は世帯数が900戸以上・人口で2600人以上の大変大きな町内会で利府三小の子どもたちも大勢参加しました。特に高学年の子どもたちを『準備係』にし,活躍の場を数多く取り入れてもらい感謝です。
 子どもたちにとって思い出の多い一日となりました。それにしても,軽く百個以上は入り,かごからあふれそうな成人玉入れ,初めて見ました。前川原栄三町内会長様をはじめ運営にかかわった皆様,お疲れ様でした。(校長)

2016年6月9日(木)
第1回 幼・保・小連絡会(チャイルドシップ)

利府聖光幼稚園となしの美保育園の先生方が1年生の学習を参観に来てくれました。子どもたちは大喜びで、いいところを見せようといつも以上にはりきって学習に取り組んでいました。先生方からは「とてもよくがんばっていました。安心しました。」との感想をいただきました。(高野)

2016年6月8日(水)
河北美術展利府展

 今日は全校児童で町バスを利用し,町民体育館へ絵画の鑑賞に行ってきました。小学生には難しいかなと思いましたが,思いの外,興味深く眺めている子もいました。
 5年生の男の子に感想を聞いたところ「絵の具ではなく削って表現している絵が面白かった」と技法の発見をしたり,「(絵画よりも)彫刻がすごかった」と話す子もいました。これをきっかけに美術に興味を持ってくれればと思います。そうそう入口に飾られた宮城県知事賞の絵は元利府中学校の美術の先生だった方が描いたものだそうです。身近にすばらしい方がいらっしゃるのですね。(校長)

2016年6月7日(火)
プール開き朝会

 「水泳の学習をする上で一番大切なことは、先生方のお話をしっかり聞くことです。」と校長先生からお話がありました。また体育部の先生からは「かぶとむしの注意(写真参照)」をしていただきました。その後、各学年の代表児童6名が水泳のめあてを発表しました。
 プール使用の約束を守らせ、安全に使わせていきたいです。そして楽しく実りある水泳シーズンにしていきます。
(高野)

2016年6月5日(日)
野中一部町内会・ふれあい広場

 6月5日の日曜日,野中一部の『ふれあい広場』にご招待いただき,その様子を拝見してきました。地区民運動会から,だれでもできる内容へと工夫・変更され今回が9回目となる催し,子どもたちが地区でも温かく見守られている様子が随所に見られました。
 また,野中一部の鈴木武志町内会長様をはじめ役員・運営委員会の皆様の手際の良さがプロ並みで感心しました。今回お招きいただき,学校とは違った地区の一員としての子どもたちの様子が見られたことが何よりでした。
 来週の日曜日は野中二部の運動会,6月5日同様に晴天をご祈念申し上げます。(校長)

2016年6月6日(月)
スクールコンサート

東北電力さんの協力を得て「スクールコンサート」を行いました。来てくれたのは仙台フィルハーモニー管弦楽団9人のメンバー。「シンコペーテッド・クロック」や「動物の謝肉祭」など90分にわたりクラッシック音楽に浸りました。子どもたちは音楽に合わせて手をたたいたり、体をゆらしたり・・・生の優れた音楽を思いっきり楽しんでいました。昨年度は文化庁の後援を得て「雅楽」を聞きました。これで2年連続の貴重な音楽体験となりました。(高野)

2016年6月3日(金)
6月のビッグ・イベント

 6月に入りました。5月からこのホームページにカウンターをつけたのですが,早くもアクセス数が400を超えました。嬉しい限りです。
 さて学校だよりでも紹介しましたが,6月は芸術に,スポーツに,『ほんものにふれる機会』を設定しました。
 6月6日は【仙台フィルハーモニー管弦楽団】の生演奏。6月8日には【河北美術展利府展】の鑑賞,そして6月28日には【東北楽天ゴールデンイーグルス】選手の学校訪問。この3つのイベントのうち河北美術展は利府町内の小中学生全員が対象ですが,あとの2つは『利府第三小学校の子どもたちだけ』のイベントです。
 子どもたちの琴線にふれ,感性を磨く時間になればと思います。6月6日のコンサートは保護者の皆様・地域の皆様の鑑賞も可能ですので,希望される方はお気軽に学校までお問い合わせください。(校長)

2016年5月31日(火)
ブラザーシップ朝会

 本日,利府中学校2年生の皆さんが来校し,朝会で十符っ子ブラザーシップの活動やいじめについてお話をしてくれました。また,中学生がいじめについての劇を行い,子どもたちはその劇を楽しそうに見ていました。その後「いじめをなくすためのアピール文」をみんなで声をそろえて読み,『いじめは絶対にしてはいけないこと』と確認しました。
 今後も「いじめをなくすためのアピール文」を活用していき,『いじめはいけないこと』と指導を続けます。(佐藤翔)

2016年5月25日(水)
プール清掃

 4・5・6年生の子どもたちがプール清掃を行いました。一番汚れている状態のプールを掃除するのは6年生の役割です。みんな一生懸命に壁や床を磨いたり、汚れた水をかき出したりしていました。本当によく働く6年生です。おかげですっかりきれいになり、水を入れる準備完了です。プールから子どもたちの歓声が聞こえてくる日ももうすぐです。(高野)

2016年5月24日(火)
運動会 第2部

 「先週の土曜日が今日の天気だったら(涙)」と思わせる快晴のもと,やり残した学年部種目3競技と閉会式を実施しました。それでも平日にも関わらずご都合をつけてご来校いただいた保護者の皆様ありがとうございました。閉会式では,どの学年も素晴らしかったのですが,特に6年生の自覚と責任感を褒めました。1年生の雀踊りの見事さも,6年生の優しい指導があってのこと,ひとつ行事を経験するごとにたくましく成長してほしいと願っています。
 PTA役員の皆様,来年こそはPTA種目をぜひやりましょうね。(校長)

2016年5月21日(土)
運動会

 つい一週間前は,天気予報を見ながら暑さ対策を講じていましたが,運動会の朝は厚い雨雲が東から西に流れており,何とか雨が降らないでほしいという願いもむなしく,1時間の中断,そして午前中での種目打ち切りとなってしまいました。運動会を楽しみにしていた皆様,申し訳ありません。
 しかし天候以外の面では今回の運動会には満足しております。子どもたちの頑張りが随所に見られ,ご来賓の皆様方からも「利府三小の子どもたちはのびのびとしていてよいですね!」とお褒めの言葉をたくさんいただきました。まさに『心を一つに最後まであきらめない』のスローガンを達成できたと思います。
 駐車場づくりや会場準備・当日の運営にご協力いただきました学校支援ボランティアの皆様・PTA本部役員の皆様,そして悪天候の中,子どもたちに温かい応援を賜りましたご来賓の皆様・保護者の皆様・おじいさま・おばあさま・地域の皆様に心より感謝申し上げます。(校長)

2016年5月19日(木)
5年生 総合的な学習 田植え

 総合的な学習「米作りをしよう」の学習で,田植えの体験をしてきました。
中には初めて田植えをした子もいましたが,みんなきれいに植えようと一生懸命
活動することができました。今後,成長した様子を観察したり,秋には収穫祭を行う
予定です。「早くおいしいお米にならないかなぁ〜。」

2016年5月19日(木)
下級生に優しく,みんなに優しい素敵な三小っ子!

 17日の朝,とても素敵な電話がかかってきました。16日の月曜日,1年生の女の子が転んで泣いていたら,6年生の女の子3人が傷を水であらって,絆創膏を貼ってあげたというのです。転んだ子のお母さんから感謝のお電話でした。
 お母さんによると,女の子達は今回だけでなく,何度も助けてあげているのだそうなのです。ただいま運動会の練習,真っ盛り。上級生が下級生にすずめ踊りをやさしく教えてあげる姿が見られます。
 先日実施した熊本地震の募金でも,たくさんの募金を寄付してくれましたし,きっと他にも,普段からこんな優しい三小の子どもたちの姿があるのではないかと思います。
 善い行いを見かけましたら,学校にご一報ください。よろしくお願いします。(教頭)

2016年5月16日(月)
あいさつ運動

 5月16日は朝から,正門のところで元気な「おはようございます!」の声が響き渡ります。この日は,あいさつ運動の日。児童代表の5,6年生の皆さんをはじめ,本校PTA役員の皆様にもお出でいただき,さわやかな朝を迎えることができました。
 あいさつ運動は毎月1日と15日(その日が休みの場合は翌日)に利府町をあげて行っている催しです。保護者の皆様も,お時間がございましたら通学路等にお立ちいただき,子どもたちとあいさつを交わしていただければ幸いです。
 それにしても,三小の子どもたちのあいさつの立派なこと!先日の朝会でお話しした『自分からあいさつ』を実践している子が多く嬉しくなりました。(校長)

2016年5月14日(土)
PTA環境整備作業

 5月14日,PTA環境委員会の皆様が中心となって,環境整備作業が行われました。保護者の皆さんだけでなく,ボランティアの地域の皆様にも多数ご来校いただき,総勢100名を超す方々が共に汗を流し,広い利府三小の敷地内と向かいの駐車スペースがあっという間にきれいになりました。役員の方々のお話では,今回は特に『お父さん』と『子ども』の参加が目立ったということで,PTA活動として素晴らしいことだと感じました。
 また学校からも全職員が参加し,学校と家庭・地域の連携が図られた意義ある時間でした。
 さて来週は,いよいよ運動会!今日の晴天を21日にとっておきたい気持ちでしたが,今年はすべての学校行事で『晴れる』ことを信じています。
 まずは,本日の環境整備作業に参加していただきましたすべての皆様,お疲れ様でした,そして心より感謝申し上げます。(校長)

2016年5月10日(火)
5月9日・町長さんがやってきた

 4月11日は町内一斉の入学式であったため,本校の入学式に出席できなかった鈴木勝雄町長様が来校され,一ヶ月経った1年生の学校での様子をご覧になりました。町内の幼稚園・保育園の行事にこまめにご出席されている鈴木町長様は子どもたちにとっては顔なじみ(?)の間柄。緊張することもなく62名の1年生は,いつもの元気な姿を町長様にお見せしました。
 次にお会いするのは5月21日の運動会,今度は1〜6年生全員で,「がんばるぞー」の元気な声をお聞かせしたいと思います。(校長)

2016年5月9日(月)
5月6日・お話朝会より【あいさつは自分から】

 今日はあいさつについてお話をします。校長先生は,青いジャンパーを着て,たまに朝に校門に立ってみんなの登校の様子を見ていることがあります。利府三小のみんなは,ちゃんとあいさつをしている人が多く立派だと思いますがより立派なあいさつのできる利府三小の子になってほしいのでこれから6年生の鳴海凛玖さんと一緒に劇をします。良いあいさつだと思ったら○を手で表してください。
あいさつ@ 校長があいさつしたら,元気な声で『おはようございます。』と返す。
→とてもさわやかで気持ちが良いあいさつですね。答えは○です。
あいさつA 校長があいさつしたら,立ち止まり帽子を取って『おはようございます』と返す。
→礼儀正しくとてもよいですね。これは◎です。ただみんなは,朝や帰りに通学路で会う人たちとたくさんあいさつしてほしいのですが全員に毎回帽子を取って立ち止まると前に進まないから,うんと丁寧じゃなくてもよいことにしましょう。
あいさつB 校長があいさつをする前に,自分から進んで『おはようございます。』とあいさつする。
→今までの@Aと違って,自分から先にあいさつしていました。これは花丸◎です。
『おはようございます』だけでなく,『こんにちは』,『さようなら』,『ありがとうございました』などのあいさつも同じようにして,あいさつの立派な利府三小の子と言われるようになってください。(校長)

2016年5月6日(金)
草刈りボランティアの皆さんありがとうございました

 校舎の北側には,伊藤さんという方のご厚意でお借りしている来客用の広い駐車場があります。運動会などの行事や授業参観の日などは大変助かっております。4月29日は祝日にもかかわらず,草刈りボランティアの宮田春男さん・吉田弘さん・小山田明さん・小山田実さん,そして遠藤浩PTA会長さんにおいでいただき草刈り作業をしていただきました。また宮田さんには,間もなくサツマイモを植える学校畑周辺の草刈りも行っていただいております。しかし,三小の校地は広く,まだまだ除草等が必要なところが多くあります。
5月14日は運動会前のPTA作業が予定されていますので,多くの保護者の皆様のご来校・ご協力をよろしくお願いいたします。(校長)

2016年4月27日(水)
十符っ子ブラザーシップ

 利府町では,『町はひとつの学校』の基本理念に,町内の高校,支援学校,小・中学校11校の児童生徒で組織する大異年齢集団による活動が活発に行われております。あいさつ運動やいじめのない学校づくり,エコ活動,メディアとのかかわりを考える活動など,1年を通して様々な活動を行っています。4月26日には,各学校代表の子どもたちによる第1回目の話し合いが行われました。利府三小からは6年生の高橋明生さんと松橋桜花さんの2名が出席し,緊張しながらもしっかり話し合いに参加することができました。ブラザーシップの様々な取組については,今後,学校便りやこのホームページなどで随時ご紹介していきたいと思います。(校長)

2016年4月21日(木)
緑のカーテン

 新校舎への通路は大雨や大雪になると,子どもたちが通るのが大変でした。そこで,環境ボランティアの黒滝さんとその娘さんが防風ネットを付けてくださいました。子どもたちも先生方も大感激でした。来校の際はぜひご覧ください。

2016年4月20日(水)
4年生 梨の花粉付け作業

 4年生では総合的な学習の時間で梨の学習をします。今回は,その第一歩として梨の花粉付け作業を行いました。おいしい梨を育てるために必要な作業です。子どもたちは綿棒を使い,一生懸命に花粉をつけました。次は,摘果を行う予定です。今後もしっかり梨の学習を行っていきます。

2016年4月19日(火)
おおいちょう物語

 利府三小の玄関には絵本の原画が何枚か飾られています。絵本の題名は『おおいちょう物語』。物語の主人公は,子どもたちとそれを温かく見守るおおいちょうの大木!ずいぶん利府三小向きな話だなと思ったら・・・・・これは全く利府三小オリジナルの絵本でした。開校30周年に合わせ,第10代校長の新妻牧雄先生が絵を,第14代校長の阿部俊男先生が文を担当し,すばらしい世界に一つしか無い絵本が完成したのでした。この絵本は紙芝居になっており,大場小百合様ら読み聞かせボランティアの皆様が子どもたちに物語を読んで聞かせてあげているそうです。この物語に出てくる『イッチョウ君』のキャラクターがあまりにもかわいいので,先日,新妻校長先生のお宅にお邪魔して,イッチョウ君の使用許可を了解してもらいました。このHPや学校からの印刷物などに活用させていただきたいと思います。こんなすばらしい学校のキャラクターは利府三小だけのものです。様々なことを通じて,子どもたちには,『利府三小の子で良かった』『利府三小ってすごいな』という自信と誇りを持ってもらいたいと願っています。

2016年4月18日(月)
夫婦桜のライトアップ

 本校学区内の藤田地区には樹齢300年を超える桜の大木2本があります。しかもエドヒガンザクラとシダレザクラと違う種類の桜の木が寄り添うように植えられていて『藤田の夫婦桜』と呼ばれています。『広報りふ4月号』の表紙でご覧になった方も多いかと思います。4月16日・17日には夫婦桜がライトアップされ,多くの見物の方々で賑わいました。また,集会所ではクラシックギターのコンサートも開かれ,素敵な音楽の夜となりました。利府三小の子どもたちも何人か見かけました。地区の催しには子どもたちにも積極的に参加してほしいなと感じました。玉コン・甘酒 ごちそうさまでした。(校長)

2016年4月11日(月)
入学式

 本日,62名の児童が利府第三小学校に入学しました。1年生の子どもたちは,自分の名前が呼ばれると,大きな声で返事をすることができました。また,話を聞く態度が素晴らしかったです。明日からピカピカのランドセルを背負い元気に登校してくださいね。入学おめでとう!

2016年4月8日(金)
着任式・始業式

 新たに10名の教職員を迎え,本日新学期がスタートいたしました。子どもたちは,新しく赴任された先生に興味津々で先生たちの話を聞いていました。また,利府三小に3名の児童が転入し,新しい学年に期待が膨らんだ1日となりました。来週以降も子どもたちが明るく,元気に登校して来ることを楽しみにしています。

2016年3月24日(木)
修了式

 24日に修了式を行いました。1年生〜5年生までの児童が無事に修了証書を授与されました。校長先生からは,利府第三小学校の「4つの心」のうち「感謝する心」「求める心」についてお話がありました。子どもたちはしっかりと姿勢を正し,話を聞いていました。子どもたちには,この1年間で学んだことを自信に,次の学年でも頑張ってほしいと思います。

2016年3月18日(金)
第34回卒業式

本日,第34回利府第三小学校卒業式が行われました。63名の子どもたちが胸を張って卒業していきました。中学校へ行っても小学校で学んだことを胸に,輝いてほしいと思います。
卒業おめでとう!

2016年3月3日(木)
6年生を送る会

 3月3日(木)に6年生を送る会がありました。全校で6年生に感謝とお祝いの気持ちを表しました。特にお世話になった1年生は,6年生と一緒に入場し,出し物をして6年生を楽しませました。「ゲラゲラポー」の歌に合わせて登場し,言葉遊び歌でお祝いし最後に応援団になって,6年生にエールを送りました。

2016年2月3日(水)
6年生 スクールシップ交流授業

 2月3日に利府中学校の先生を迎えてスクールシップ交流授業が行われました。1組は理科の授業,2組は算数の授業でした。中学校の授業の雰囲気を味わいながら,楽しく学習を進めることができました。これで,中学校への不安もなくなったかな?
中学校の先生方,ありがとうございました。